スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

本革の手帳

学生の頃、ちょっと奮発して買った本革の手帳。

 

その頃好きだった紫色の手帳です。

今ならきっと茶色やベージュを選ぶだろうなあ。

 

買った時はもっと鮮やかな紫でした。

 

社会人の頃は毎日のように使っていましたが、結婚して田舎に引っ越してからはほとんど使わなくなりました。

 

ずっと引き出しの奥に仕舞っていたのですが、寝かせている間にこんなに綺麗に熟成(?)してくれて嬉しいです。

 

10年近く経った今、黒に近い落ち着いたパープルになり、本革の美しさに見とれてしまいます。

 

 

 

 

 

 

よく見るとあちらこちらに傷があります。

 

でもそれがいい味を出してくれているような気がします。

 

使うたびに味が出てくるって素敵だなあと、改めて本革の実力に感動しました。

 

再び使おうと思ったきっかけは、買い物に出かけるときに買う物を書いたメモ用紙を忘れる回数が増えた事です。

 

常に携帯する携帯やタブレットに打ち込んでみましたが、打ち込む作業がどうもしっくり来なくて、やはりアナログに「ペンと紙を使って書く」方が好きだと気づきました。

 

それからは何でもメモするようになり、頭に浮かんだあれこれをとにかく紙に書き出していました。

 

そうすると今度はそのメモ用紙を管理しなくてはいけなくなり、次第に一つにまとめた方がいいのではと思うように。

 

ノートも考えましたが、少し大きいし毎日携帯するにはかさ張る。

 

そこで辿り着いたのが、10年間忘れられていたこの手帳という訳です。

 

どうせ携帯するならお気に入りの物を、と考えていたのでこの手帳を再び使う事ができてワクワクしています。

 

 

 

 

 

実はボールペンもお気に入りです。

 

元々の作り上、ペン入れのホールが小さめなのでスリムなボールペンしか入りません。

 

この手帳に合うようなボールペンを探していたところ出会ったのがPILOTのCavalierという商品。

 

一本2000円ほどしますが、書き味やスリムな美しさに一目惚れして買いました。

 

万年筆のような書き心地が気に入っています。

 

 

 

 

 

 

早速スケジュール帳の用紙を買いに行きましたが、今は六穴様式のものはあまり売られていないんですね。

 

スケジュール帳はたくさん並んでいましたが、その中身が見当たらなかったので、とりあえず手書きで書いてみました。

 

毎月書かなければならないけど、自分の好きなようにカスタマイズできるので、手書きも案外悪くないかもしれません。

 

毎回定規を使ってきっちり書くと、私の性格上ストレスになってしまいそうなので、とりあえずフリーハンドでざっくり書いてみました。

 

クリスチャンなので日曜日スタートのカレンダーに出来て嬉しい。

市販のものは意外と月曜スタートのものが多いんですよね。

 

いろいろと工夫してみて、市販のものにするか手書きにするか決めていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

It comments.










Track back Url of this Article
http://koinwnia.jugem.jp/trackback/679
Track Back