スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

新しい命




無事に女の子を出産しました。

初めての出産、様々なドラマがあり感動がありました。

記録として書き留めておきたいと思います。

すごく長いので、追記欄に記しておきます。





午前4時半頃おしるしがあり、その後5分間隔の規則的なお腹の張り。

いつもより少し強いくらいの痛みだったので、焦らず病院の開く時間まで待ってから受診。

病院に着いてトイレで少し踏ん張ったら、血の塊と透明のジェリー状のものが出てきて慌てて看護師さんへ伝える。

すぐに診察台に乗ると、一気に破水。

そのまま入院し、旦那くんや家族に伝える。

午前11時半のこと。

予定日より二週間ほど早い。だけど、その分早く帰れるから嬉しい。

初めて経験する出産。
正直、どうってことないと思っていた。
みんな産んでるんだもん。
ちょっと痛いの我慢すればいいんでしょ?

くらいの感覚で、恐れどころか、むしろ初めての体験にワクワクしていた。

しかし、数時間後そんな自分を激しく後悔した。

夕方5時半に旦那くんが病院に到着。

仕事を急いで切り上げてきてくれて、すでに顔に疲れが見えている。

私の方はまだ体力に余裕があり、お腹の張りも7分間隔で来てはいたものの痛みはそれほど強くない。
後から思えば、これが微弱陣痛だったのかな。

余裕のある私を見て安心した旦那くんは一度私の実家に帰り少し休んだ後、夜10時過ぎに再度来院。

その頃から痛みが少しずつ強くなる。

でもまだ我慢できる痛み。この調子で子宮口よ、開け〜!と意気込むが、まだ2〜3センチしか開いていない。

あれ?こんなに遅いの?

10センチまでが遠すぎる・・・

12時過ぎ。

痛みがどんどん強くなる。

それまで続けていた腹式呼吸を忘れてしまう。

「痛みで呼吸法どころじゃない」と友人が言っていたのを思い出す。

ついに我慢できなくなり、旦那くんにテニスボールとゴルフボールを使って会陰を押してもらう。

5分間隔でひたすら痛みが押し寄せる。

旦那くんは睡魔と戦いながら、必死に押してくれる。

お腹にはNSTが巻かれ、腕には点滴の管が繋がれ身動きが取れない。

痛みが激しくなるに連れて、吐き気がともなってくる。

深夜、ついに嘔吐する。

嘔吐して楽になったかと思えば、今度は下から痛みが押し寄せる。

それの繰り返しを何度も何度も。

ついに出るものがなくなっても吐き気は止まらず、胃液を出し続ける。
胃液で喉が炎症を起こす。

助産師が数時間置きに見に来るが、それまでずっと二人。

こんなに放置されるんだあ〜と驚きながらも、それに対して怒る気力も無い。

次第に呼吸が出来なくなり、酸素マスクを装着される。

それでも苦しさは変わらなくて、身体が震え始める。

陣痛が来るたびに勝手に震える自分の身体。

このままどうなってしまうんだろう、と意識が朦朧とする中で「死」について考える。

もう限界!という痛みが何度も何度も押し寄せ、陣痛が来る恐怖で身体が激しく震える。

自分が何を叫んでいるのか、どこからあんな叫び声が出るのか分からない。

旦那くんがずっと手を握って励ましてくれる。

でもその声すら届かない程、体力も気力も限界。

朝の7時頃、子宮口8センチ。
力つきそうな私のそばで旦那くんが泣いている。
「よく頑張ったね、ここまでよく頑張った」と泣いている。

旦那くんも一緒に頑張ってるんだ、と少しだけ痛みが紛れる。

やっと分娩室に移されるが、助産師も誰もいない中また二人で陣痛と戦う。

1時間ほど耐えて、ついにもう限界が来た私はいきんでしまう。

頭が出てくるのを感じると同時に、今までに無いさらに激しい痛みが全身を襲う。

このままでは産まれてしまう、いや、死産になる!とパニックになる。

さすがに助産師も今度ばかりは来てくれたがたったの一人。

(後から知ったのは、私が出産した日は他の出産も重なっていて、助産師の数が足りなかったらしい。
それにしてもひどい放置。
次は絶対助産院で産もうと心に決めた。)

自分の身体がどうにかなってしまいそうな激しい痛み。

神様はよくもこんなに激しい痛みを作られたものだ、と驚く。

8時14分 この世に産まれてきた我が子を見て、夫婦で泣く。

長かった。痛かった。苦しかった。辛かった。

でもそれ以上の喜びが今ここにある。

いや、痛みがあったから、こんなに感動するのかも。

産まれてきてくれて、ありがとう。

大変だったのは私だけじゃなかった。

寝ずに陣痛と戦ってくれた旦那くん。

お腹の中で長い時間をかけて頑張って出てきてくれた我が子。

三人で頑張った出産。

二人がいたからこそ頑張れた出産。

本当にありがとう。

神様から与えられた新しい命、大切に育てて行こう。

これから、よろしくね。











スポンサーサイト

ゆりちゃ〜ん(>_<)
壮絶な戦いがあったんだね&#128166;&#128166;&#128166;
本当に凄い!お疲れ様!よかった!本当に良かった!ゆりちゃんが今、こうしていてくれて。赤ちゃん生まれてきてくれて。ありがとう&#10084;
きっと、だから、母は強し!なんだぁってことを感じました。
名前が決まったら、是非教えてね!
いつまで実家にいるのかわからないけど、会える日を楽しみにしています♪
寒い日々。体には十分気遣って無理せずにね&#128524;
シェアしてくれて、ありがとーー!
  • あっこ
  • 2016/02/01 9:54 PM

It comments.










Track back Url of this Article
http://koinwnia.jugem.jp/trackback/677
Track Back