スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

昼神温泉



三連休は長野の昼神温泉というところに行ってきました。

そうそう、いま流行?のマタ旅というやつです。

子供が生まれたらしばらくは夫婦旅行も出来ないと思い、生まれる前の最後の旅行。

お腹が大きくなってきて遠出が出来ないため、今住んでいる場所から比較的近い長野の温泉地へ。

とは言っても車で片道3時間ほどの道のりだったので、旦那くんも少々お疲れ気味でした。

平日の仕事がハードな週だったため休ませてあげようと思ったのに裏目に出てしまった・・。





それでも長野の大自然と美味しい空気には心身ともに癒されました!

長野は何でこんなに美味しいものが多いのかしら。

長野県民が羨ましくなるほど、美味しいもの尽くしな旅でした。

特にお蕎麦は格別。

細麺タイプだけどコシがあって香りも良い。

1日目と2日目のランチは両方ともお蕎麦だったけど、全く飽きなかったなあ〜。

写真はありませんが、昼神温泉の蕎麦屋さんなら「勝縁」さんがおすすめです。

器も雰囲気も味もセンスが光っているお店です。









お腹いっぱいなのに、蕎麦好きの私の目に飛び込んできた蕎麦まんじゅう。

小さいサイズなので食べれるだろうと買ってみました。

案の定、小さくなっている私の胃袋には苦しかったらしく胸焼けを起こしたけど(笑)素朴な味わいでとても美味しかった。

「おにひら」さんで1個120円ほどで購入できます。









食後は近くの公園を散歩して少しでも消化。

まだ紅葉もコスモスの時期もまだなようだったけど、人が少なくてのんびりできました。







途中、素敵なドイツパンの店Bakery&Cafe Antonに出会い、久しぶりのドイツパンにテンションが上がりました。

店内も比較的新しく、清潔感があってオシャレ。

お腹いっぱいじゃなかったらお茶したかった〜。







買ってきたライ麦パン。

ライ麦ぎっしりのパンですが、酸味もまろやかでとても食べやすかった。

写真はありませんが、他にもプレッチェルとチョコデニッシュも買ってきました。

ドイツで修行された焼いたパンなので、さすが本格的。

日本で食べるドイツパンとはひと味違って、とても勉強になりました。







宿と言えば一番期待するのは食事!

夫婦共に鯉料理が苦手なので、事前に変更のお願いをしておきました。

どの料理も繊細で上品で洗練されていて舌鼓。

この後もどんどん料理が出てきて、結局残してしまうほどのボリュームでした。




食事の後はすぐに星空ナイトツアーというものに参加し、満天の星空を見て感動。

天の川も流れ星も、あんなにハッキリと見たのは初めてでした。

あまりの美しさに感動して涙が出てしまったほど。

聖書に出てくるアブラハムは毎日こんなに美しい星空を見ていたんだろうか、と想像しながらロマンチックな夜を楽しみました。





 


長野名物のおやきもちゃっかりゲットして帰宅。

「おやき工房えんまん」さんは、変わり種のものがたくさんあって選ぶのに迷いました。

手のひらサイズで小さそうに見えて、意外と食べ応えのあるおやきでした。






ゆっくり疲れを取りに行こうと思った今回の旅行でしたが、思ったよりハードスケジュールだったため帰宅後疲れがドッと出てしまいましたが(笑)とてもいい思い出になりました。

昼神温泉はまだ観光地化されていないためか、割とのんびり過ごすことが出来ました。

また行ける機会があったらぜひ訪れたい場所です。






スポンサーサイト

It comments.










Track back Url of this Article
http://koinwnia.jugem.jp/trackback/645
Track Back