スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

アートレッスン



先日、念願のドライフラワーアレンジメントレッスンに参加してきました。

生花も好きだけど、なぜかドライフラワーに惹かれ続け、やっと叶ったレッスン。

旦那くんの協力が無いと行けない場所で、浜松まで車で連れて行ってもらった上に2時間もの間ぶらぶらしてもらいました。
文句も言わず、私の趣味に付き合ってくれた旦那くんに感謝感謝。

これからもっと優しくしてあげなくっちゃ〜♡←






とっても素敵な空間でした。

室内でドライフラワーを管理しているためか少し薄暗いのですが、それがまた雰囲気があって素敵。

あらゆる壁や天井にドライフラワーが飾られています。
















制作途中の様子。

今回は私を含めて5人の参加者で、和気あいあいと・・・

と言いたいところですが、みんな作品に向き合うと真剣になって無言に。笑

やっぱり集中しながら黙々と作る作業、楽しいです。

もちろん作品作りの合間の時間や、レッスン後などは楽しく盛り上がりましたが。









全員の作品の鑑賞会。

同じ素材で作ったのに、こんなにも表情が違うなんて!と驚き&感動でした。

それぞれの作品を眺めつつ、感想を言い合うのも楽しい。

ちなみに私の作品が一番ボリューミーで派手でした(苦笑)








ドライフラワーだけでなく、木の実もふんだんに使われています。

初めはもっとシンプルに控えめなイメージで作ろうと思っていたのに、大好きなユーカリのモスグリーンをついつい盛ってしまって・・・笑

でもこれはこれで、すごく気に入ってるからいいんだけど。

何でも作品を作るときは、まず自分の中でイメージをしっかりと描くことが大切であることを学びました。









逆の方向から見た図。

くるみやこしょうの実、シナモンスティックなどがアクセントになって可愛い。









早速壁にかけて見ると、白壁だからよく映える!

色合いもドライフラワーなのに鮮やかで、お部屋のアクセントになりつつよく馴染む。

ドライフラワーも日が経つに連れて色合いが変わってくるので、長く楽しんで行こうと思います。









こちらはまた別の日に受けたローズウインドウの体験レッスン。

ローズウインドウとは、もともとヨーロッパの教会の「バラ窓」を模して、紙で作られたもの。
自宅でも気軽に出来ると評判で、今ひそかにブームになっているそうです。

また、ローズウインドウを作る作業はとても右脳にいいそうで、芸術療法としても用いられているとか何とか・・・

とにかく面白そうなので参加してみました。










私の作品はコレ。

色も3色から好きなものを選べて、その重ね具合からまた新たな色が生まれて行く・・・
デザインも迷ったけど、色で随分雰囲気が変わってくるのでかなり悩みました。

結局、青、水色、薄い黄色をチョイス。
全部好きな色だけど緑を入れたかったので、水色+黄色で緑を再現。

イメージ通りの作品が出来て満足でした。

先生もこの色のチョイスは初めてだったそうで、今度真似させて!と嬉しいお言葉を。




他の二人の生徒さんの作品と並べると、その鮮やかさが際立ちますね。

裏から光を当てると、まるでステンドグラスのように輝いて紙とは思えないほど美しいので、私も帰宅後早速窓辺に吊るしました。


 
眺めるだけでも楽しい〜

また一つ、お気に入りのアイテムが増えました。






スポンサーサイト

It comments.










Track back Url of this Article
http://koinwnia.jugem.jp/trackback/636
Track Back