スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

「ひつじが丘」

今年の夏は異常に暑かった・・。

やっと涼しくなってきたこの頃、暇があれば読書に耽っております。

昔は夏休みの読書感想文が大嫌いでよくあとがきを写していたほどなのに(笑)大人になってから読書が好きになるとは分からんもんですなあ〜




最近は小説にはまっていて、大好きな三浦綾子さんの小説ばかり読みあさってますが、今回また心に残る作品に出会いました。








三浦綾子さんの小説って恋愛が絡んでいる事も多く、結構昼ドラ系のようなドロドロしたものもあるけど、その奥に人の心の深い闇が描かれていていつもハッとさせられる。


この小説の中で特に心に刻まれた言葉。

「愛とは赦すことだよ、相手を生かすことだよ」

本当にその通りだと思う。

色んな愛の形があるけど、究極の愛は相手を赦し、相手のすべてを受け入れ、生かすこと。

これはなかなか簡単なことじゃないと思った。

この小説の主人公の奈緒実も、最初は結婚を反対された両親に対し「私だって、一人の人を愛し通すことぐらいできます」と言って家を出たが、結婚後変わってしまった夫に対し残ったのは憎しみだけだった。

良くしてくれる相手を愛することは簡単だけど、自分を苦しめる相手を愛することは本当に難しい。





また、数多くの悲しみと試練を経て奈緒実が言った言葉がとても印象的だった。

「悲しみって命を滅ぼすほどのエネルギーなんですね。それに気づいたとき、わたしはハッとしましたの。これだけのエネルギーを他に使えないものだろうかって」

彼女の言っていることがとてもよく分かる。

悲しみ、憎しみ、恐れ・・・それらは私たちの心を蝕んでしまうほど強い負のエネルギーを持つ。
その強烈なエネルギーをプラスに転換しようと歩みだす奈緒実の真の強さを垣間みる瞬間。

強い人だなあ。

彼女のように歩めるなら、どんな苦難をもプラスにしていけるだろう。

そんな歩みをしたいと思わされた。






本も出会いで、良い本に出会えば出会うほど内側から変えられて行くものがあると感じる。

人生は「出会い」と「選択」によって開かれて行くんだなあとしみじみ。

また良い本に出会えますように。





スポンサーサイト

It comments.










Track back Url of this Article
http://koinwnia.jugem.jp/trackback/613
Track Back