スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

クリスマス会のパンとお料理

 


去年のクリスマスの写真を載せておきながら、新年あけましておめでとうございます。

去年は6月から悪阻生活がスタートし辛かったこともありましたが、年の半分はゆったりとマタニティライフを楽しませてもらいました。

今年は新しい家族も増え、どんな年になるんだろう〜
きっとわからないことだらけで子育てに奮闘しそうですが、それはそれでとても楽しみです。
そうやって少しずつ「ママ」になっていくんでしょうね。


新年を迎え里帰りした今、心と身体の準備をしつつ、もうすぐ迎える出産への備えをしていきたいと思っています。






前置きはこのくらいにして、
通っている教会で毎月行われているママさん会のクリスマス会があったので、パンとお料理を持ち寄りました。

ひとり一品でいいということだったけど、みなさんにベビー用品とか衣類とかたくさん頂いたので、感謝の気持ちを込めてパンを大量焼き。

一度にこんなに沢山焼いたのも久しぶり。疲れたけど気持ちいい〜

パンは、いつもの十八番です。
全粒粉入りプチパン、ベーグル、チャバタ、カンパーニュ。

シンプルで素朴な食事パンばかりですが、とても喜んでもらえました。嬉しい。









じゃがいもがたくさんあったので主食にもなるジャーマンポテトを。

ブロッコリーやトマトを添えると、彩りもなんとなくクリスマスっぽくなって正解でした。

こういうシンプルな料理って、あまり好き嫌いも無いし良いですよね。
(何より簡単だし)←









まだまだ改良中のベーグルだけど、比較的食べやすく出来たので持って行ってみました。

もちもちタイプで粉の味がしっかり感じられる。

こちらに来て関東ほどベーグルを食べる習慣が無いなあと思っていたけど、これを機にベーグルの存在や美味しさを知ってもらえたら嬉しいなあ。







チャバタもまずまずの出来♪

気泡もだいぶ入るようになってきたかな?

チャバタを知らない人が多かったけど、一番美味しかった!とご意見を頂いたり。

我が家でもこのパンが一番人気。

サンドイッチにしても、そのままトーストしても美味しい。

夫婦共に大好きなパンです。








カンパーニュは完売してしまったので、別の日に焼き直したもののカット面です。

気泡がぼこっと入ってしまったけど、だんだん好きな味わいになってきた〜!

最近、レシピの加水を少しずつ増やしているのです。
どこまで行けるかな〜とヒヤヒヤしながら。笑






加水を増やしてもべちゃっとすることがなく、むしろクセのないカンパーニュになっていく感じがします。

焼き色も良くなって行ってる?

とにかく食事パンの代表、カンパーニュ!

パスタやシチューにもピッタリなので、ハード系があまり得意でない旦那くんもよく食べてくれるようになりました。(でも相変わらずライ麦パンは苦手らしい〜)






子供が産まれるとパンもしばらく焼けなくなるのかなあ〜
HBがあるので食パンなどを焼くスタイルが続くと思うので、粉は新たに注文して野菜室にストックしてあります。
我が子は小麦アレルギーじゃないといいけど・・
一緒にパンやお菓子を焼ける日が来るのが楽しみでなりません♪









パン記録

 


ライ麦パンがかっこよく焼けるようになってきた!

湯漬けライ麦がいい仕事してくれてます。







でもこのパン、旦那くんはあまり得意じゃないようであまり売れない・・・

カリッとリベイクしてオリーブオイルをかけると美味しいのに〜
どうやら「パンにはバター」派らしく、オリーブオイルはあまり受け付けないそう。

チッ。






ベーグルの試作も相変わらず続けております。

キタノカオリ、全粒粉で久しぶりに手ごねでやってみました。
やっぱり手ごね、疲れるわ〜←いつもニーダー任せで楽させてもらってる

歯ごたえがあってむっちりタイプ。
素朴で美味しいけど、クラスト厚めだからか少々食べづらい。

むー・・まだまだ理想にはほど遠い。







不動の人気のチャバタ。

生地の様子を見て、その日の気温によって発酵時間が大幅に変わるけど、それさえ気をつければ美味しく焼ける。







今回は少し気泡少なめ。

でもやっぱり美味しいチャバタ。






・・・・・・・・・・・・・


里帰りの準備に取りかかり、今日は自分の持ち物と家の掃除をちょこっと。

出来るだけ長く旦那くんとの時間を確保するため、健診を一週間延ばしました。
何も異常が無い事を祈ろう。

最近は息苦しさからなかなか解放されず、立っていても座っていても寝てても過呼吸になりがち。

お腹も張りやすくてウォーキングもお休み中ですが、今出来る事をやっていきたいと思っています。


里帰りの準備で一番大変なのは、旦那くんのご飯作り。

せめて2週間分くらいのご飯は冷凍ストックしておいて、その後は実家で作って物を送ってあげる予定。

甘やかし過ぎかな・・・笑

でも一緒に大変な時期を乗り越えない分、旦那くんの負担が軽くなるよう出来る事をやりたい。

本当は一緒に出産後も乗り越えたかったけど、色々あってそれが許されなかった。

だから、せめてもの妻としての勤めを果たすべく、残りわずかな時間を有効に活用したいと思います♪








いつものパン



夜に焼き上がったパンたち。

やっぱり写真は自然の光の方が綺麗に撮れるわ〜
それでもレンズを変えてからは、だいぶ明るく取れるようになったので文句は言いませんw
このレンズ、長く大切に使おう。







カンパーニュ、ライ麦パン、チャバタ。
よく焼くパンの代表です。

この中で消費が最も早いのがチャバタ。

旦那くんの大好物なのです。(あとのパンには見向きもしない)

チャバタはハード系の食事パンでもモチモチして口溶けもよく食べやすいので、どなたにでも好かれるパン。

お嫁に行くパンもチャバタが多い。
ただ粉がある時しか焼けません。(ちょっと高めの粉なので常備している訳ではない・・)








今回はゆっくりじっくり発酵させたせいか、気泡がボコボコでたっぷり入っていました。

口溶けはもちろん最高!

旦那くん曰く、リベイクしてバターを塗って食べるのが一番美味しいらしい。









こちらは苦戦中のカンパーニュ。

以前はタイプERで焼いていたのをエペで何とか焼けないものかと試行錯誤していますが、やっぱりこのパンとの相性はタイプERが一番のようです。

何回もエペで挑戦してみたけど、さすがにもうお手上げ。

形にはなるけど、風味が求めている物と違うんだよな〜

という訳で、このパンをエペで焼くのは最後になりそうです。







やっとタイプERが届いたので、余裕ができたとき再チャレンジ!








こちらはエペ一本勝負のライ麦パン。

ライ麦湯漬け処理vs湯漬け無し で試作した結果、やっぱり湯漬け処理した方が美味しいということになり、ちょっと面倒だけど前日に湯漬けしたライ麦を使って焼きました。

焼き色も成形もようやく安定感が出てきて、何とか形になってきました。

でもまだ何かが違う・・・

もっと感動が欲しいんだよなあ。

とは言っても、このパンは相変わらず私の大好きなパンで、スライスしてリベイクしたものにオリーブオイルと塩をかけると最高。

胃が圧迫されてあまり食べられなかった妊娠中期も、このライ麦パンなら不思議とたくさん食べられました。

私にとって愛おしいパンなのです。





妊娠後期に入ってから貧血がひどくなってきて、お腹も張りやすくなってきたため、長時間の立ちっぱなしが難しくなってきました。

本当はもっとパンを焼きたいけど、体調を見ながら楽しもうと思います〜









パン記録(ベーグル、ライ麦パン)

 


相変わらずベーグルに苦戦中。
なかなか理想のベーグルにたどり着けません。。

今回も2個だけ試し焼き。(粉節約のため)

キタノカオリ+グリストミル+エペ

ちょっと発酵過多になってしまったせいか、艶も少なめ。

前まではベーグルはつるんとしたねじり無しの成形が好きだったけど、最近はねじり成形にハマっています。

味は可も無く不可も無く・・・

フツーに美味しいベーグル。
もう少し個性を加えたい。感動が無いんだよなあ〜









こちらは幸栄さんのレシピを拝借して豆乳入りベーグル。

おっ
ビジュアルは結構好みです。
わざとらしすぎない艶と突っ張り感が良いじゃないの〜♪





粉はキタノカオリのみでブレンド無し。
ついにグリストミルが切れた・・・高級粉だし買うのをためらってしまいます。ム〜

初めはベタベタ生地ですが、工程にオートリーズ(粉に水を完全に吸水させる)を取り入れているため格段に扱いやすい生地になります。

結構引きが強い生地だったので、ベンチタイムを長めに取りました。


少々クラスト厚めのベーグル。
豆乳効果なのかむっちりとしています。

どちらかというと、ハード系ベーグルかな?しっかりぎゅーっと噛み締めるタイプ。

私は結構好きだけど、もう少し改善が必要。

今度は豆乳ではなく水でやってみようかな。










ベーグルサンドイッチが大好きです。

おうちにある材料でボリューム満点のサンドイッチになるところが嬉しい。野菜もたっぷり。

これは、マヨネーズ+自家製マスタードを塗ったベーグルに人参の千切りとキノコソテーを挟んだ物。

野菜好きにはたまらないサンドイッチでした。








ベーシックなハムチーズサンド。

お庭で取れたサンチュも一緒に挟んで。

旦那くんは野菜だけのサンドイッチを嫌がるので、これは旦那くん用です。笑









「失敗は成功のもと」とはまさにこのこと。

チャバタを久しぶりに作ろうと思ったら、モルトパウダーの分量を間違えてしまい予定の4〜5倍もの量を入れてしまいました。笑

焼き上がりもいつもと違ってぷくんぷくん。
チャバタっぽくない・・・と苦笑していたら、あら不思議。





立派なクラムではありませんか!

というか理想にぐんと近づいたようなクラム。

恐る恐る旦那くんに食べさせてみると(←毒味)旦那くんの目の色が変わる。

「何コレ、このパン美味しい〜!!」

あまり私のパンを褒めない旦那くんからまさかの太鼓判。

私もまさかの結果にびっくり。

食べてみると、本当に美味しいのです。
今までのチャバタは何だったのか。

これはモルトパウダーの配分を練り直した方が良さそう。シメシメ

気にしていたモルト臭も無くて今後一気に完成形に近づきそうな予感です。









右、曲がった・・・苦笑

この間、ライ麦を湯漬け処理して美味しかったので、まぐれじゃないか確かめるためにいつものライ麦パンを焼いてみました。

成形もだいぶ手慣れてきてスムーズに出来るようになってきた。

やっぱり焼き色は前回の方が良かったような・・?湯漬け効果?






そうそう、今までクープは切れないカッターナイフを消毒して入れてたんです。

でももうそろそろ限界かなあと思い、先日無印でパン用のカッターナイフを買ってきました。

昔バゲットを暴焼きしていた頃は専用のカミソリの刃を使ってたんだけど、すぐに錆びるので使わなくなりました。

働いていたパン屋さんではカッターを使っていたため、私も真似してカッターを使うように。

カッターの方が断然クープが入れやすい気がする。

それに刃が錆びてもポキポキ折って新しい刃を出せるので長く使えます。


いつもよりクープの立ち上がりが良いのは新しいカッターナイフの登場のおかげ。







少し固めのクラストとクラム。

みずみずしさが以前より劣る気が・・やっぱり湯漬け処理は効果があるようです。

少し面倒でもライ麦の湯漬け処理、がんばろう!







パンのお供にピーナツペーストを作ってみました。

冷蔵庫に少しだけ残っていたピーナツをブレンダーで油が出るまでガーっと回しただけ。

砂糖も一切入れていないのでお料理にも使えそうです。

早速パンに塗って輪切りバナナを乗せ、はちみつを垂らしたら絶品でした。

パンのある生活、楽しいなあ〜♪






パン記録

ずっとたまり続けているパンの写真たち・・・

最近は自分のパンの形を求めて試作を繰り返していたので、膨大な量に膨れ上がっています。

これらをちょっと時間が経ってから記録しようとすると、記憶が薄れてしまっている部分も多く。

というか、もうすでに薄れていますが(笑)今日はじっくり記憶を辿りながら記録してみたいと思います。雨の日なので。

雨の日って、何か精神が落ち着くというか、いつもより心に余裕が出ませんか?
私は雨の日に家にいるのが大好きで、好きな音楽をかけながらお茶を入れたり、思う存分読書をしたり、何もせずにボーッと雨の音を聞くだけで元気になります。
そんな何気ない時間の中で色んな発想が思い浮かぶこともしばしば。
いつも以上に脳が活動的になるのかな。

・・・こんな風にブログも脱線してしまうほど、書きたい欲求に迫られたりとか。笑


さあ、記録記録っと。







帯切れ激しい(笑)ライ麦パン。

今回初めてライ麦の湯漬処理をしました。

粉:湯=1:1.5を混ぜて冷蔵庫に丸一日放置。
こうすることで、ライ麦の臭みや風味がまろやかになるかなあ〜と狙って。

それによって若干加水率も変わってくるはずだけど、初めてなのでとりあえずいつも通りの加水率で。








結果は◎でした。

やっぱり加水は少し少なく感じたけど(生地が固かった)狙っていた効果はありました。

しっとり感もアップして気泡も小さいけどたくさん入っている。

そしてこのパン、「皮」がとにかく美味しい!

ライ麦パンってよく焼かずに薄くスライスして食べるけど、このライ麦パンは断然トーストに向いているパンだと思う。

オリーブオイルと相性抜群です。

湯漬け効果なのか、前より甘みも出ていてとても食べやすくなりました。









ペイザン。(カンパーニュ)

いつもこのパンの名前をどちらにしようか迷う。

ペイザンか、カンパーニュか。

多分カンパーニュの方が馴染みが有るんだろうけど、ペイザンの定義はカンパーニュよりライ麦が多めで20〜25%入っているそう。

ちょうどこのパンも25%の全粒粉(ライ麦じゃないけど)が入っているので、ペイザンに当たるのかな・・

カンパーニュと言った方がスムーズに伝わるケースが多いので未だに迷います。笑



このパンは、しばらくエペでずっと焼いてきたけどなかなかハードルが高くて苦戦中。

というのは、使っているエペという粉は吸水が悪く、パンチをしっかりしても生地がデロンデロン・・・

その代わり、濃厚な風味としっとり感は◎なんですが・・・






気泡もしっかり入ってます。

昔はボコボコ大小の気泡がたっぷり入ったカンパーニュに憧れたけど、今はある程度均等にきめの整った気泡が入っている方が嬉しい。

軽さよりしっとり感や風味が出ている方が美味しいと思うようになりました。

今回のは口溶けがなめらかに仕上がり、思わず笑みがこぼれてしまった。

パンの口溶けは私の中ではかなり重要!嬉しい〜









プチパンの新しいバリエーションの試作。

全粒粉入りと玄米入りのプチパンを二種類。

どちらも安定感のあるパンに焼き上がって一安心。

玄米入りの方はよりモチモチして口溶けもいいけど、玄米の存在感が薄かったのでもう少し玄米を増やしたい。

ご飯で言うと「おにぎり」のような、和の感じに仕上がりました。









どちらも塩気は少なめで、食事に合わせるパン。

スープなどに合わせていただきました。










バナナケーキ(は、後日詳細をアップします)とプチパン。

今度のプチパンは幸栄さんのレシピを参考に焼いてみました。

クラムはいつもより詰まった仕上がりに。

クラストもハードパンらしく少し厚めだったけど、さすが少しのイーストなので粉の味がしっかりして美味しかった。

ただ、食事に合わせるにはもう少し軽めの食感でもいいかなあ〜とも。
結構噛み締めるタイプのパンでした。

でもこれはこれで、しっかり美味しいパンです。勉強になりました。







今度はだるまさんみたいなプチパン。

同じように焼いても、粉や発酵具合によってこんなに形が変わるんだよな〜・・難しい。

今回も幸栄さんのレシピですが、以前と違う別冊のレシピ本より。

粉はエペだからか、やはり水分の多いベタベタ生地に。

あと、エペとの相性があまり良くなかったのか、ちょっと苦手な独特の風味が出てしまいました。
明らかにエペ臭なんだけど、そこまで長時間発酵しないパンとエペの相性ってあまり良くない気がしています。

あと、前回と同様、クラムも詰まった仕上がりに。








エペをやめて違う粉で試してみたい〜
でも我が家には大量にあるんです・・エペが T T
おかげで他の粉が買えない。笑









ふう。

パン記録、ちょっとこの辺で区切ります。

まだまだたくさん残っているので、しばしお付き合いくださいませ。






おまけ。

先日、長野へ旅行に行ったときに朝市で売っていた手作りのお餅。

お餅好きの私にはたまらない買い物でした。

たーくさん買い込んできたのに、もうあと旦那くんの分しか残ってない・・笑

昔よく田舎で食べていたおばあちゃん手作りの餅を思い出しました。

よもぎやら海藻がたっぷり入って、色が緑だったり黒かったりするんだけど、それがとっても美味しいんです。

だから朝市でこの餅を見つけた時は本当に嬉しかった!

他にも新米だけで作られたお餅も買ってきたので、大事に大事に食べています♪笑

最近は胃が圧迫されてご飯が食べられない日が多いけど、餅ならなぜかいくらでも食べられる。

ん?ただの好き嫌いか?^^;






みるくパン&プチパン



みるくパン。(並んでいると卵みたい)

シンプルだけど、ほんのり甘くてホッとするパンです。

食事にはもちろん、ジャムやスープに合わせても相性のいいパン。

この日はお嫁に行く用に沢山焼きました。










粉はゴールデンヨットとイーグルをブレンド。

今回いつもの甜菜糖をグラニュー糖に変えてみたら、きりっとした甘さになりました。

旦那くんはこっちの方が好きみたい。(私はまろやかな甘さの甜菜糖の方が好き)

ゴールデンヨットだけだとふわふわ過ぎるので、これからはイーグルで焼いてもいいかも。









最近定番になりつつあるプチパン。

イーグル、キタノカオリ全粒粉。

前みたいな綺麗な“おちょぼ口”になってくれない・・・でも味は変わらず◎

塩を少し増やしてみたけど、やっぱり食事に合わせるパンなので塩は少なめでいいのかもしれない。

今回1次発酵が少し長かったかな?
元気な生地なので、もう少し早めに切り上げても良さそう。




:::::::::::::::




今日は25週目(7ヶ月)の妊婦検診でした。

体重は妊婦初検診時に比べて4キロ増加。

赤ちゃんは800g台で平均より少し小さいようですが、心配ないとのこと。


ちょっと天然?な先生に前回の検診で「たぶん女の子かな〜?また次回聞いて」って言われたので、再度確認。

私の目でも葉っぱのようなものが確認できたので、女の子と確定しました。

でも最後に「このへその緒が男の子の袋にも見えるんだよね〜」と。

え・・先生、結局どっちですか?笑

まあ、9割女の子と考えて準備を進めることにします^^




話は変わりますが、最近NHKのアニメ「おじゃる丸」に密かにハマっています。笑

あのキャラクターの可愛いビジュアル、のほほんとしたストーリー編成に癒されます。

かなり長くやっているアニメのようなので、赤ちゃんが成長するまで頑張って欲しいなあ。




プチパンとベーグル



おしりパンの進化バージョン?笑

か、可愛いすぎるやろ〜!

新しい配合でプチパンを焼いてみました。

粉はイーグル。やっぱりイーグル扱いやすくて失敗しない。
味もクセが無くて、価格も安くて、優秀なお粉ですね。

食事パンにするにはもっと香ばしさやコクがあってもいいので、次は全粒粉を入れてみます。








ベーグルは試作真っ只中。

なかなか理想のベーグルにたどり着かなくて、最近は粉節約のために少ない分量で2個ずつ焼いています。
一度に300gも使うと、粉の消費が早すぎるし、需要が追いつかないから・・・(だからといって、あまり試作のパンを人様にあげるのも忍びない)

上がねじり無し、下がねじり有り。

ねじり有りの方が若干綺麗に焼ける気がする。








う〜ん、艶に不満。

かなり控えめな艶・・頭の中ではツルッとピカッとした美ベーグルが描かれているのに!!

こちらも粉はイーグル。
ベーグルに関しては、リスドォルとかタイプERとかの準強力粉の方が引きが出て好きなんだけど、粉が手元に無いのである物で試作中です。

強力粉ならイーグルよりキタノカオリの方が甘みが出る気がする・・・







 


ベーグルとプチパンの断面図。

あれ?意外にもベーグルの断面、好きな感じでした。

もっちり寄りだけど、これでもう少し引きがあって艶が出ればかなり理想に近いのでは。
試行錯誤が続きます。



プチパンはバターを少ししか入れていないのに、香りがふんわり口の中に広がって、控えめな食事パンに仕上がっていました。

どんなお料理にも合いそうだけど、もう少しだけ塩を足してみよう。






パンの世界はブラックホールだわ〜(底なし)!





白崎さんのパンレシピより


ああ・・パンの記録が追いつかない。←焼き過ぎ

パンネタに興味ない人には申し訳ないけど、元々はパンブログなのでお付き合いくださいませ。

あまり放置してしまうと記憶が保持できないもので・・(悲)





大人気の白崎さんの新著書より、さっぱり丸パンを作ってみることに。

相変わらず斬新な作り方にどうしても抵抗を感じ(ごめんなさい)、レシピの手順をほぼ無視し、材料のみを参考にしました。

粉はエペ、全粒粉入り。

白崎さんの生地はしっかり加水しているのに扱いやすくて成形も楽チン。

少し大きめの5分割で。






おちょぼ口クープになってしまった。

もっとくちばしクープにしたい。(注:こんな名前のクープはありません)

焼き色も綺麗に焼けてパリッと香ばしそう。







試食。

エペとは思えないほどふわっと柔らかい。
ただ、エペなのか全粒粉なのか独特のクセ(香り)を感じる。

しかしこのパン、トーストすると激ウマでした。

食感も理想に近く、クラストが薄くてパリッとしていて、ハード系だけどソフト系という絶妙なバランスを保っている。

エペでもこんなにふわっと焼けるのは驚きでした。








こちらは同じく白崎さんのふわふわ丸パン生地で作ったパンたち。

生地は全て同じでココナッツオイルが入っています。
ほんのりココナッツの香りがする〜(苦手な人は苦手かも)

右の縦3つがクリームパン、左上が生地が微妙に余って仕方なくくっつけたおしりパン(笑)、その下がロールパン。

こちらもさっぱり生地と同じく長時間発酵で扱いやすい生地。

もっちりとしたクラムとほんのり甘みの感じる生地でした。

う〜ん、この生地にエペは合わない気がする。
エペの風味が強すぎて喧嘩してる・・・

正直、さっぱり生地が美味しすぎてこちらの生地にそこまで惹かれませんでした。

でもクリームパンは美味しかった!





中のクリームは何と豆乳で作られていて、バターや卵も一切使わない。

なのにきちんとクリームの役割を果たしている!
カスタードそっくりとは言えないけど、別物としてちゃんと美味しい。

焼きたてのクリームパンは格別でしたが、クリームがこぼれると大やけどを負うのでご注意を。(経験者は語る)





白崎さんのパン、作り方は好きじゃないけど誰でも気軽に作れる美味しいパンです。

というか、白崎さんのレシピはお菓子でも何でも発想が楽しくて好き。

とても勉強になります。

パン作りに挑戦してみたい方にはおすすめかも。



ちなみに今回参考にしたのはこの本。








そんな白崎さんの別冊スイーツ本に載っていた抹茶ムースを作ってみました。

豆乳ベースでぷるんぷるんで美味しかった〜






こちらも白崎さんのレシピで、全粒粉のパンケーキ。

焼き方が今までのパンケーキの焼き方とは全然違うから面白い。

でも説明読んで「なるほど〜」と納得して作れるから楽しい。

甘みが無いので、メイプルシロップと無添加ブルーベリージャムをたっぷり乗せて。

おやつにもぴったりです。






斬新に思えても、きちんと理論を説明してくれて、丁寧に手順を載せる白崎さんから生み出される数々の美味しいもの・・・

今後も目が離せません。







バゲットとレーズンパン


朝晩もすっかり涼しくなって秋だなあ〜

と喜んでいたら、風邪をひいてしまいました・・・。

昔は風邪なんてひかない体質だったのになあ〜反省。

免疫が落ちている証拠!

運動してきちんと食べて体調管理しないと。







ちょっと前に焼いたパンの記録。

のっぺりバゲット(写真撮る前に切ってしまった)とレーズンパン。

バゲット、今回上に伸びず、クープもダメダメ。

時間がかかる分、こう上手く焼けないと結構へこむ・・・笑




こう見ると気泡も結構入ってるし伸びているようにも見える・・・・


けど、実際はそう上手く行かない↓



 



左が前回のビビアンバゲット、右が今回のバゲット。

わーーーーーーまんで気泡無いわいね〜(連続テレビ小説まれ風に言ってみる)

今回ボウル捏ねでやったのがまずかったのかなあ。

捏ね不足?

・・・と失敗原因を思いめぐらしていても分からないので、こうなったらモルトを使ってみよう!と材料に頼る結論に。笑

そうそう、しばらくモルト使ってなかったもんね。←材料のせいにする









でも二種類のバゲットをフレンチトースト(失敗したパンの行く末)にして出したら、旦那くんが今回のバゲットの方が好きと言ってきた。







どうやらクラムのしっとり感や旨味は今回の方が残っているらしい。

う〜ん、難しいなあ。






こちらも一応試作のレーズンパン。

試作と言っても、材料は今までホームベーカリーで焼いてきたレーズンパンとほとんど変わらず、製法と形を変えてみただけ。

だけど、それだけで随分表情の違ったパンになるから面白い!

なめこ型にすることで均等に火が入りやすくなり、しっとり感も残る。

薄皮タイプの柔らかいパンです。

これはこのまま焼き続けよう。







新しいパンの試作で頭の中はいっぱいなのに、風邪をひいてしまったおかげで味覚が鈍り正しく吟味できないので、風邪が治るまでパンはお休みしようかな〜

風邪で鼻がやられて、塩気や風味を感じにくいので毎日のお料理も大変です。
味が分からない・・笑

風邪よ治れ〜!






ベーグル焼き比べ



理想のベーグルを求めて試作しております。。

高橋雅子さんの少しのイーストベーグルを参考に焼いたもの。
むぎゅっとしたタイプ。

粉はキタノカオリとライ麦粉。
加水53%








つるっとテカりのある仕上がり。

生地がかなり硬めで、もちろん食感も引きの強いベーグル。
クラストもぱりっとハードで厚め。

これはこれで美味しいけど、私はもう少し柔らかい方が好き〜
加水増やしてライ麦粉無しでも全然いける気がする。








こちらはとあるベーグル屋さんのレシピを参考にしたもの。

同じキタノカオリと薄力粉とグリストミル。

テカリは無いけど、さっきのより大きめの分割で生地も比較的柔らかめ。
むちむちしていて、サンドとかにしても食べやすそう。


ベーグルって生地が硬すぎても柔らかすぎてもダメで、ちょうどいい加水率を見つけるのが難しい。
今回はちょうどいい加水率かもしれないけど、ホイロが少し長かったせいかもっちりした仕上がりに。
美味しいけど・・好きだけど・・もうあと一歩かな。







隣に並べてじーっと眺める。

この時間が好き。

実はベーグルフェチ。










左が少しのイーストベーグル、右がむちむちベーグル。

目の詰まりとか比較できて面白い。


美味しいベーグル目指して頑張るぞー








さ、旦那くんが帰ってくるのでトンカツ揚げよう〜っと♪