スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ケア

育児をしていると

いっぱいいっぱいになって

気がつけば一日が終わっていた

 

なんてことがよくあります。

 

 

心に余裕が無くなると

小さな事にイライラしたり

物事をネガティブに捉えたり

 

感謝の心を忘れてしまう。

 

 

たくさんの人に支えられ

大切な友人に祈られ

神様に守られているにも関わらず

 

いつしか心は

毒素がいっぱい溜まって

不平不満で満たされる。

 

 

本当に悲しい事です。

 

 

だからこそ

日々の暮らしの中で

意識して余裕を持つように

普段から気をつけています。

 

 

そのひとつがお洒落をすること。

 

 

特に手足の指先を整えると

気持ちまでシャンとします。

 

人にもよく見られるけど

自分にとっても

一番目につくところ。

 

 

だから定期的に

マニキュアやクリームを塗って整えます。

 

 

ちなみに

手の指先は透明

足の指先は薄いピンク色

が私の肌色にマッチしているようで

基本的にはこの二色しか使いません。

 

 

スキンケアも余裕をつくり出すものの一つ。

 

シンプルですが

できるだけ滋養があって

保湿力の優れたものを選んでいます。

 

化粧水はずっと使っている

無印良品の高保湿・敏感肌用。

 

安価なのにしっかり保湿してくれるので

気に入っています。

 

 

ジョンマスターオーガニックのアルガンオイルは

今季初めて使い始めましたが

とても良いです。

 

伸びのいいオイルで

肌に浸透して行くのが分かります。

 

乾燥・敏感肌の私に

ぴったりのオイルに出会えて

嬉しいです。

 

 

軽めのつけ心地なので

無印の化粧水を使い終えたら

しばらくアルガンオイルのみで

試してみようと思います。

 

 

 

スキンケア一つとっても

ただお肌に塗る工程ではなく

お気に入りのものを愉しむ時間だと

思えるようになりました。

 

一日の終わりに

「今日もお疲れ様」

と自分の肌にご褒美を。

 

そう考えるだけで

気持ちが清々しくなります。

 

 

その積み重ねが

健康的な心を

作っていくのかもしれませんね。

 

 

 

 

本棚の配置変え

我が家の和室です。

 

古い社宅なので

昭和の匂いがぷんぷん。

 

でもなんだか落ち着くんです。

 

 

母から譲り受けた

えんじ色の化粧台も

和室だからこそ

よく馴染みます。

 

 

 

最近また模様替えをしました。

 

リビングのテレビ横にあった本棚。

 

下の段はムスメの手が届いてしまうので

悩んだ末に和室に移動しました。

 

 

和室から見た風景。

 

何で最初から

この位置にしなかったんだろう

と思うほどしっくりきました。笑

 

ムスメもつかまり立ちが

上手になってきたので

これからまた配置が変わるかもしれません。

 

 

 

 

子供の成長に合わせて

インテリアを考える事は

大変でもあり楽しくもあり。

 

 

気がつけば

どんどん身の回りが

シンプルになっていく気がします。

 

 

赤ちゃんと暮らすって

そういうことなのかな。

 

 

物がなくなると

その分目の前の赤ちゃんに

集中できる気がして。

 

 

赤ちゃんのためにも

自分のためにも

 

少しでも居心地よく

快適に暮らせるよう

工夫するおもしろさを

実感する日々です。

 

 

 

取扱説明書の収納

 

 

100円ショップセリアで購入した

収納用の段ボールボックス。

 

シンプルで丈夫なので

インテリアの邪魔にもならず

すっきり収納できます。

 

 

 

 

 

 

取り扱い説明書を収納してみました。

 

今まではファイリングしていたのですが

量が増えるに連れて

ファイルが膨れ上がっていたので

容量の大きいボックスに入れても

まだ余裕があります。

 

タグを付けて

見やすく探しやすくなりました。

 

 

 

押し入れのふすまを外して

奥に押し込みました。

 

これで収納がスムーズに。

 

セリアのボックスは

下の段にそれぞれタグを貼付けて収めました。

取り扱い説明書のボックスも

すぐに見つけられます。

 

 

 

古い社宅暮らしなので

限られた収納を上手に使って

少しでも居心地のいい空間に

出来たら良いな。

 

おそらくもうそろそろ

転勤の予感ですが

最後までこの家を愉しみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

衣類の補修

 

*ブログ名変更しました。

 

これからも宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

この夏に買ったばかりの

主人の麻のパンツが破れました。

 

チャック下の股の部分が

破れて糸が見えています。

 

夫婦ともに

軽くて

丈夫で

涼しい

麻の生地が大好き。

 

着れば着るほど

柔らかくなって行く

着心地もお気に入りです。

 

そんな麻の一枚が

破れてしまって残念。

 

一度しか着ていなかったので

交換してもらいたかったのですが

店舗が遠いため諦めました。

 

ちょっと高くても

長く着られるように

良い生地で

丁寧に仕上げて欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

黒い糸で縫い付けました。

 

裁縫が苦手なので

上手には縫えないけど

だいぶ目立たなくなりました。

 

 

主人の会社の靴が合わないのか

なぜかいつも片足の靴下の

親指だけ穴があきます。

 

 

毎回と言ってもいいほど

穴が空くので

その度に捨てるのは

さすがに勿体ない。

 

昔、私の母が

穴の空いた靴下を

縫ってくれていたのを思い出し

縫っては繰り返し使っています。

 

これ以上縫えないくらい

ボロボロになってから

台所やお掃除のウエスにします。

 

少しでもゴミが減らせるかな。

 

 

 

今までずっと普通の靴下だったのですが

今回五本指ソックスを買ってみました。

 

穴が空くのは変わりませんが

(どうやら靴が合わないようですね)

履き心地は抜群だそうです。

 

 

 

本棚の整理

 

 

我が家のリビングにある

パイン材の本棚。

 

色合いやデザインが気に入っていて

ずっと付き合って行きたい家具のひとつ。

 

以前まで全棚に本がぎっしり敷き詰められていましたが

読まない本は譲ったり売ったりして処分しました。

 

残りはこれだけ。

 

まだもうちょっと減らせそうです。

 

 

少し分かりづらいのですが

上から順に

・カメラや配線、しおり、CD(温室時計で目隠し)

・写真やイラスト

・キャンドル、本

・聖書、手紙

・領収書や取り扱い説明書のファイルボックス、パソコングッズ、配線入れ

 

 

 

ムスメが一番下段に手が届いてしまうので

ファイルボックスなどを引っ張りだすのを防ぐため

ファイルボックスを中段へ。

 

 

床に置いていたおむつボックスも

よくひっくり返されていたので

本棚に収納する事で問題が解決しました。

 

 

 

 

 

上段二段はあまり変わっていませんが

このようになりました。

 

本をもう少し減らして一段にまとめて。

 

絵本を積極的に読ませたいので

寝室の押し入れにあった絵本ボックスを下段に。

これは重いので

さすがのムスメも引っ張れません。

 

 

隣の配線入れは

マックブックの充電用の配線を入れているものですが

本棚に置くと触られちゃうので

テレビの横に配置。

 

 

 

 

 

重しに海岸で拾ってきた石を乗せています。

 

 

 

 

 

 

おむつボックスの中です。

 

夜寝る時と外出時以外は

布おむつです。

 

離乳食用のお手拭きと

おしりふきも一緒に入れてあります。

 

着古した衣類を切って

おむつライナーにしています。

 

布おむつの上に敷いて

うんちの時はそのままゴミ箱へ

おしっこのときは布おむつと一緒に洗います。

 

ポリエステル等の化成繊維だと

吸水も悪くポロポロとくずが出てしまうので

綿100%の布地がおすすめ。

 

捨てるはずの古着を再利用できるので

ずっとこの方法で落ち着いています。

 

 

エコで心地の良い暮らしを目指して。

 

 

 

暮らしを愉しむ

 

久々の更新になってしまいました。

 

育児が始まり、机に座ってパソコンを打つ余裕が無くなったため、しばらくインスタグラムの方でサクッと投稿していました。

 

手軽さという点ではインスタグラムなどのSNSはとても便利で使いやすいのですが、やはりじっくりと綴るブログの方が性に合っている気がします。

 

なかなかパンが焼けなくなってしまったため、ブログテーマは変化していくかもしれません。

気長にマイペースに更新して行けたらと思っています。

 

 

 

 

家族が2人から3人になってまだ間もないのですが、今までは気にも留めなかったことが問題になります。

 

例えば、インテリア。

 

大人にとっては全く問題のない物の配置が、赤ちゃんにとって危険な凶器になり得る。

 

最近は時間があれば部屋の動線を考えつつ、赤ちゃんにとっても安全な住まいづくりに挑戦しています。

 

 

 

また、母になってから日本の改憲や世界のテロのニュースを見て、平和について以前より真剣に考えるようになりました。

 

闇へ闇へと引き込まれて行くような今、私が出来る事は何なのだろう。

 

と黙々と考えていたときに、朝ドラの「とと姉ちゃん」からヒントを得ました。

 

まさに日本が戦争へと突進して行くその時から、どんなに苦しくても辛くても大切にしたのは「ささやかな心がけ」。

 

その心がけが小さな幸せを生む、とドラマの中で語っています。

 

どんな環境の中でも、感じる心を大切にする。

 

ちょっと大げさですが、それが平和を守ることに繋がるのかもしれません。

 

日々の暮らしの中でそんな心を育んで行く事が、平和について考え行動する「第一歩」になればと思っています。

 

 

 

 

 

暮らしを愉しむ。

 

環境や物理的なものによる「楽しむ」ではなく、それらに左右されない心のあり方である「愉しむ」。

 

だからこそ、暮らしを守る事の大切さを感じる日々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

毛玉クリーナー

 


テスコムの毛玉クリーナー。

お気に入りのアイテムの一つ。

綺麗に毛玉が取れるのが快感になり、毛玉の付いている衣類を探しています。笑

クセになるってこういう事。







続きを読む >>

ストロベリーフィールドのドライフラワー




少し前に八百屋さんで100円で売られていたストロベリーフィールド。

早速、水に差して鑑賞。
一種類の花を束ねて飾っただけだけど、とても存在感があってお部屋の雰囲気が変わります。

このストロベリーフィールド、すごく日持ちして一週間以上ピンピンで元気でした。






少し萎れて来た頃に、10本ずつ束にしてドライフラワーに。

直射日光の当たらない風通しのいい場所・・・我が家ではリビングの入り口になりました。



 
約1週間ほどでパリパリに乾いて完成。

驚くほど綺麗に色が残っていたので、触らないと完成しているかも分からなかったほど。

ストロベリーフィールド、ドライフラワーに向いているようです。






白壁に映えていい雰囲気!

部屋がパッと明るくなりました。

それにしても我が家はこのまま行くとドライフラワーだらけになりそう。笑


でもドライフラワーも色味が抜けて行くというか変化していくので、本当は季節ごとに管理してあげた方がいいんですよね。

分かってはいるんだけども、今はまだ楽しむ程度でいいかなあ〜と。

そのうち、ドライフラワーコレクションだらけになるかもしれませんが。笑




手作りついでに。

ずっとティッシュカバーを探していて、どこを探してもピンと来るものに出会えなかったので作ってみました。
作ると言っても、無印の落ちワタふきんで包んだだけだけど。

これが我が家のリビングにしっくり馴染むので、これからこの形でいこうと思います。

お財布にも優しくて可愛いので、ふきんがある方は試してみてください♪






シルバーウィーク

シルバーウィークは関東から友人が遊びにきてくれました。 

それなのにタイミング悪く風邪を引いてしまったので、食べ物の味が分からず困ったなあ〜と思っていたら、何と友人も当日から風邪を引いてしまって風邪引き女子会に。笑




1日目は、旦那くんがお休みだったので近所をドライブして自然を満喫。

棚田を見に行ったけど、もうすでに稲刈りされていたりして少し残念でしたが、やっぱり山の空気は美味しい!









2日目の朝は二人でゆっくりパンケーキを作りました。

なかしましほさんのイースト発酵パンケーキ。

粉はキタノカオリと地粉で。

発酵を待っている時間も二人だとあっという間♪









ふっくら焼けた〜

ベーキングパウダーのパンケーキと比べると少しもっちりしているけど、ずっしり重すぎず口溶けがいいので食べやすい。

満足感のあるパンケーキでした。







前日に作り置きしておいた根菜のカポナータ。

里芋、牛蒡、南瓜、茄子、キャベツ、ウインナー・・・他にも冷蔵庫にある野菜で出来ちゃう簡単おかず。

ニンニクとオリーブオイルと一緒に炒めたらトマト缶で煮詰めていきますが、私はピリ辛が好きなので、鷹の爪を少し加えました。








パンに良く合う〜









朝ご飯を食べたら、今度は一緒にパン焼き♪

粉から捏ねて(ニーダー任せだけど)誰かと一緒にパンを焼くのは久しぶり。

フライパンで簡単に焼けるので、手軽に出来て片付けも楽チン。

綺麗な焼き色がついて「わ〜!」と一緒に感動したり、粉について語り合ったり・・・とっても楽しい時間でした。笑








今回は全粒粉を少し配合してみました。

カリッと焼いてバターを乗せて・・・

たまらない美味しさ。










お昼は、これまた二人でご飯作り。

韓国のり巻きキムパプを二人で具から作って巻き巻き。

ほとんど友人が巻いてくれたものですが、さすが手先の器用が現れてる〜








ごま油の風味が食欲をそそり、味が分からなくてもこれなら食べられる。笑

たーくさんパクパクしました。








韓国春雨が無くて、仕方なく日本の緑豆春雨で代用したチャプチェ。

本場のチャプチェとは別物になっちゃったけど、これはこれで悪くないかな。

普通の春雨サラダっぽくなったけど、キムパプによく合いました。

即席わかめスープを添えて。



朝ご飯に、パンに、昼ご飯・・・
作るものが多かったので、二人でほとんど台所にいるという楽しい時間を過ごしました。笑







友人はお菓子作りが趣味で、手土産にこーんなに可愛いプレゼントを持ってきてくれました!

ワクワクしながら蓋を開けると・・・






ジャーン!!


美しすぎて、もう大興奮。

なかしましほさんのレシピで作ったお菓子だそうです。

乳製品の大量摂取を控えているので、身体に優しいお菓子は本当に嬉しかった。

どれも滋味深くて美味しかった〜
Aちゃん、ありがとう♡


天気がよかったので、ホットティーと手作りのお菓子を持って、近くの公園にピクニックに行きました。

緑に囲まれた自然の中、ベンチに腰掛けて頂くおやつはやっぱり格別♪

BGMは鳥のさえずりという何とも贅沢な時間でした〜

こういうのを幸せって言うんだ。










ちょっと寄り道して豊川のお気に入りのカフェに寄ってマフィンを購入。

塩バニラマフィンを友人に持って帰ってもらいました。

きっとこの美味しさはお菓子好きにはたまらないはず。

今回初めて買ったピーナッツチョコマフィン(左)も美味しかった!

でもやっぱりここの塩バニラマフィンは格別です。

こういうマフィンが作れたらなあ〜とムクムクと妄想しております。








二人とも体調が万全じゃなかったにも関わらず、美味しいものを楽しみ、潤いのある時間が与えられて感謝でした。

また、ゆっくり二人で色んなことを話して豊かな交わりになったことが何よりの嬉しかったこと。

出会いは宝だなあと改めて感じたのでした。






アートレッスン



先日、念願のドライフラワーアレンジメントレッスンに参加してきました。

生花も好きだけど、なぜかドライフラワーに惹かれ続け、やっと叶ったレッスン。

旦那くんの協力が無いと行けない場所で、浜松まで車で連れて行ってもらった上に2時間もの間ぶらぶらしてもらいました。
文句も言わず、私の趣味に付き合ってくれた旦那くんに感謝感謝。

これからもっと優しくしてあげなくっちゃ〜♡←






とっても素敵な空間でした。

室内でドライフラワーを管理しているためか少し薄暗いのですが、それがまた雰囲気があって素敵。

あらゆる壁や天井にドライフラワーが飾られています。
















制作途中の様子。

今回は私を含めて5人の参加者で、和気あいあいと・・・

と言いたいところですが、みんな作品に向き合うと真剣になって無言に。笑

やっぱり集中しながら黙々と作る作業、楽しいです。

もちろん作品作りの合間の時間や、レッスン後などは楽しく盛り上がりましたが。









全員の作品の鑑賞会。

同じ素材で作ったのに、こんなにも表情が違うなんて!と驚き&感動でした。

それぞれの作品を眺めつつ、感想を言い合うのも楽しい。

ちなみに私の作品が一番ボリューミーで派手でした(苦笑)








ドライフラワーだけでなく、木の実もふんだんに使われています。

初めはもっとシンプルに控えめなイメージで作ろうと思っていたのに、大好きなユーカリのモスグリーンをついつい盛ってしまって・・・笑

でもこれはこれで、すごく気に入ってるからいいんだけど。

何でも作品を作るときは、まず自分の中でイメージをしっかりと描くことが大切であることを学びました。









逆の方向から見た図。

くるみやこしょうの実、シナモンスティックなどがアクセントになって可愛い。









早速壁にかけて見ると、白壁だからよく映える!

色合いもドライフラワーなのに鮮やかで、お部屋のアクセントになりつつよく馴染む。

ドライフラワーも日が経つに連れて色合いが変わってくるので、長く楽しんで行こうと思います。









こちらはまた別の日に受けたローズウインドウの体験レッスン。

ローズウインドウとは、もともとヨーロッパの教会の「バラ窓」を模して、紙で作られたもの。
自宅でも気軽に出来ると評判で、今ひそかにブームになっているそうです。

また、ローズウインドウを作る作業はとても右脳にいいそうで、芸術療法としても用いられているとか何とか・・・

とにかく面白そうなので参加してみました。










私の作品はコレ。

色も3色から好きなものを選べて、その重ね具合からまた新たな色が生まれて行く・・・
デザインも迷ったけど、色で随分雰囲気が変わってくるのでかなり悩みました。

結局、青、水色、薄い黄色をチョイス。
全部好きな色だけど緑を入れたかったので、水色+黄色で緑を再現。

イメージ通りの作品が出来て満足でした。

先生もこの色のチョイスは初めてだったそうで、今度真似させて!と嬉しいお言葉を。




他の二人の生徒さんの作品と並べると、その鮮やかさが際立ちますね。

裏から光を当てると、まるでステンドグラスのように輝いて紙とは思えないほど美しいので、私も帰宅後早速窓辺に吊るしました。


 
眺めるだけでも楽しい〜

また一つ、お気に入りのアイテムが増えました。